首イボ 種類

 

 

 

 

 

 

首いぼにはいくつかの種類があります。

 

脂漏性角化症(老人性イボ)

 

もっともよく見られる首いぼは、脂漏性角化症です。

 

脂漏性角化症は紫外線がよく当たる場所にできやすいという特徴があります。

 

紫外線のダメージが蓄積して数年後にできる為、老人性イボとも呼ばれています。

 

アクロコルドン

 

次に多い首いぼが、アクロコルドンです。

 

アクロコルドンは、脂漏性角化症よりも大きくいぼが隆起するため、見た目があまりよくありません。

 

早い人で20歳代からでき始めることもあります。

 

原因は脂漏性角化症と同じく、紫外線によるものです。

 

それに加えて皮膚の摩擦も原因であると考えられているので、クリームなどで皮膚を摩擦から保護するようにしましょう。

 

首や前胸部に細長くできるため、女性ではネックレスが引っかかることがあります。

 

スキンタッグ

 

アクロコルドンがもう少し大きくなったものをスキンタッグといいます。基本的に首にできるいぼは良性なので、無理に取り除く必要はありません。

 

しかし、女性だと美容上でやっぱり気になりますよね。

 

特にこのスキンタッグはイボが大きく、集まってできることが多いため、見た目があまり良くありません。男性であっても、顎や首の髭を剃るときにいぼを一緒に剃り落としてしまって痛い思いをすることもあります。

 

さらに、その傷から細菌が入って、化膿してしまうと大変です。

 

いぼは基本的に他の人に移ることはありません。

 

ウイルス性イボ

 

しかし、いぼの原因がウイルスであった場合には、移ることがあります。

 

ウイルス性のいぼはウイルスが原因で皮膚の細胞が増殖した結果できるイボです。

 

そのためむやみにいぼを触って傷つけると、そのいぼの周囲にさらにいぼが増えてしまいます。

 

ウイルス性のいぼの特徴は、いぼの中心に芯が触れることです。

 

首いぼは柔らかいのですが、中に芯のようなしこりがある場合は、ウイルス性を疑って、あまり触らず、一度専門医に診てもらったほうがいいでしょう。

 

急に大きくなる
出血する
黒や茶色など、いろいろな色がつき始める
直径が7mm以上