クリアポロン 稗粒腫

クリアポロン 稗粒腫にも使える?

 

眼のまわりに白いブツブツができててしまうことはありませんか?

 

稗粒腫(はいりゅうしゅ)は袋状になった発疹で、内側に脂肪や角質が溜まってしまう症状の事で「脂肪の塊」と呼ばれる事もあります。

 

顔の中でもできる場所は主に顔が多く、目周り、頬、額に見られます。

 

皮膚が薄くデリケートな部分にできやすいのが特徴です。

 

早い人は小学生でも見られ、20-30歳代くらいまでは目周り、頬に多く、40-50歳以上からできてきた方は額、鼻・鼻周り、頬にできやすい印象があります。

 

乳児にできたものは自然に消えることがありますが、成人の稗粒腫は自然にとれることはありません。

 

この稗粒腫はやけどや少し深めの擦り傷がなおった跡にもできることがあります。

 

大きさは1ミリ程度ですが、一度にいくつもできてしまうことがあります。

 

毛穴の奥にある「毛包(もうほう)」や皮脂をつくる腺の一部に角質が溜まり、袋状になって皮膚表面に現れたものと考えられています。

 

良性の腫瘍なので痛みや痒みはなく、しばらく放っておくと治るのですが何度も繰り返してできてしまう事も少なくありません。

 

稗粒腫の原因は、毛穴の奥にある毛包(もうほう)という袋や皮脂を作る腺の一部に、角質が溜まり込んでしまうことです。

 

稗粒腫は良性の腫瘍なのでなかなか研究がされず、いまだに確実な原因というのは解明されていないのが現状です。

 

普段から皮脂の分泌量が多い人や、毛穴づまりが起こりやすい人は、稗粒腫の症状も出易いようです。

 

すぐに稗粒腫ができてしまう人と全く症状が出ないという人がいるなど、体質に左右されることが多いといいます。

 

また、生活習慣の乱れや肌のターンオーバーの乱れも、稗粒腫を引き起こすきっかけになります。

 

稗粒腫ができてしまった場合には、皮膚科や形成外科などに相談するという人も多いと思います。

 

稗粒腫の表面に注射針で小さな穴をあけ、内容物を押し出せばきれいに取れます。

 

治療後は数日から1週間ほどで治療部位は目立たなくなってきます。

 

しかし、稗粒腫は自宅でのケアでも十分改善できるものなので、まずはセルフケアで様子を見てもよいでしょう。

 

稗粒腫を治すには、毎日の洗顔で肌を清潔に保つことが最も大切です。

 

ただし、顔は洗い過ぎると乾燥してしまいダメージを受けやすくなってしまうので、何度も顔を洗うといったケアはNGです。

 

朝と晩に、たっぷりと泡立てた洗顔料で優しく顔を洗い、しっかり保湿をすることが稗粒腫を改善するための近道です。

 

洗顔や保湿など、意識的なスキンケアで稗粒腫が改善してきたら、新たな稗粒腫の出現を防ぐことも大切ですね。

 

定期的にピーリング(外側の肌を取り去る)をして古い角質を取り除いてあげるようにすれば、肌のターンオーバーが促され、毛穴をキレイに保つことができます。

 

ただし、ピーリングのやりすぎは肌に負担が掛かる事もあるのでほどほどに留めましょう。

 

余裕のある方は自宅で美顔器などを使うのもオススメです。

 

いつでも肌を清潔に保ち、稗粒腫ができにくい肌状態をキープしましょう。

 

クリアポロンを稗粒腫に使うことで、効果は期待できる?

 

結論から先にお伝えしますと、一般的に、この稗粒腫の施術のやり方としては皮膚科に行くことが前提になります。

 

ただ、この稗粒腫も角質が溜まりイボが出来ているのだから、理論的には、クリアポロンで予防することは可能です。

 

このクリアポロンの最大のメリットとしては、「スキンケアしながらイボを取っていく!」なので、時間が掛かるにせよ確実に取り除いてくれます。

 

もちろん、普段からのスキンケア、規則正しい生活習慣は必須になりますが...

 

まとめると・・・

 

稗粒腫にクリアポロンを使うメリットとしては、

 

イボは取り除くことはできるが、デメリットは時間が掛かること!ということになります。

 

つまり、お試ししてみる価値は充分にあります!

 

もし、気になったら一度、公式サイトをチェックしてみてはどうでしょう?

 

それで、購入の検討材料にする事が出来るかもしれません♪