クリアポロン 水いぼ

クリアポロン 水いぼにも使える?

 

 

水いぼは幼児から学童期(3歳から15歳くらい)までの子供に多く見られる病気です。

 

接触によるウイルス感染が原因で1〜5mmの隆起物が表れます。

 

ウイルスが皮膚の表面から侵入して発症するため、皮膚に障害があれば感染しやすくなります。

 

水いぼはポックスウィルスが皮膚で増殖し、突起物が現れる病気です。

 

良性ですが伝染性があり全身に広がる事があります。

 

皮膚が柔らかく、擦れるところを中心に多く見られます。

 

感染原因としては、ウイルスが皮膚表面に付着する事で感染します。

 

また、直接接触だけでなく、間接接触でも感染します。

 

うつるのはプールの水の中ではなく、肌を直接露出した子供が一緒にいて接触する更衣室やプールサイドの方です。

 

一応、ビート板やタオルは共用しない方がよいと思います。

 

プールの水は直接原因にはなりません。

 

水いぼは、1年から2年位で免疫が生成され、自然治癒していきます。

 

個人差は有りますが、1年前後で消えるケースが多いです。

 

また、体内にウイルス抗体が作られるので、完治した後の再発は有りません。

 

しかし、感染源になる可能性はあります。

 

エチケットとして、引っ掻かないように日ごろから皮膚のお手入れをきちんとする、爪を切る、などの配慮は欠かさないようにすべきです。

 

結論としましてクリアポロンは子供の水いぼには効果はありません。

 

子供にできる水いぼの正式名称は、伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)といい、軟属腫ウイルスの感染症です。

 

イボには大きく分けて、ウィルス性のものと、老人性のものがあります。

 

クリアポロンできれいになるのは老人性のイボ。加齢によるイボです。

 

そのためクリアポロンはウィルス性のイボには効果がありません。

 

治療方法としましては、水いぼにはワクチンなどの治療法がないため、いぼを除去する治療が一般的です。

 

除去方法は専用のピンセットで幹部を摘み取ります。カップ状のピンセットで1つ1つ摘んで内容物を出す方法が一般的。

 

痛みが強く子供にはつらい治療となります。

 

また、出血も見られます。

 

特に治療をしなくても治るので、痛みが心配なら自然治癒を待った方が良いでしょう。

 

でも子供によっては自然治癒なら3年ほど掛かる事もありますので、気になる方は医師とも相談して判断するとよいでしょう。